Home代表あいさつ

代表あいさつ

あいさつ

今後の展望

sample
高齢化社会に突入した今、野菜の持つ機能は色々と着目をされています。野菜は、抗酸化力・免疫力・解毒力があると言われており、飲料メーカーにおいても、 「一日当たり350gの野菜摂取」というキーワードは記憶に新しいと思われます。これは野菜をとることで健康に近づける第一歩となるメカニズムを示したも ので、これを受け外食産業でもメニューを飾る料理は、野菜中心のメニューへと様変わりし、いかにおいしく豊富に野菜をとれるかを消費者にアピールするな ど、今や食の主役は野菜といっても過言ではない状況です。
そこで当社は、将来的には、健康・安全をキーワードとした高齢者向けの健康野菜メニューをキット化し広く販売を出来ればと考えております。
コストダウンについて
sample

カット野菜は一般的に高いと思われがちですが、
お使い頂いた方に、人件費の削減効果と原材料費のムダ・ムラをなくします。
カット野菜は
@    皮 種等の下処理が済んでいる。
A    規格が統一されている。
B    必要な分を必要な時に買うことができる。
これらの特徴より、廃棄ロスや歩留まりの向上、下処理時間の短縮や作業時間自体の短縮が可能となります。

産地について

当社は広く国内外より原体の仕入れを行っております。産地
基本として、安全・安心を守るために、輸入野菜は原産地の厳選もしております。
【当社の仕入ルート】
国内市場
 大田市場や当社の近隣である、千葉市場より国内産の旬の野菜を仕入れております
直接取引
 市場を通さず、産地と直接契約も実施しております。当社の主要品目については、直接取引の形態が多く存在します。
輸入
国内で野菜が不足しがちな時期に韓国や台湾より原体の輸入を実施しています。
安全・安心を売り物とする当社としては、現地と直接契約を行い、生産方法や仕様についても細かく指定を行い、安定供給によるコスト低減の努力を行っております。

手法

市場取引について
大田市場や千葉市場へ直接買い付けに行き、モノを見て購入可否の判断をしております。
野菜の善し悪しについては、当社の創業来27年の目利き力を基に判断しております。

直接取引
国 内外問わず、まずは産地に出向き、畑の状況そして生産者とのコミュニケーションを密にして、当社の使用する野菜に適しているか厳しい目で判断をしておりま す。産地からの出荷方法にもこだわりを持ち野菜がフレッシユなまま、当社に到着をするように努力をおこなっております。

ページトップへ
Copyright (C) bell-fresh All Rights Reserved.